貴重な必須脂肪酸を含むことで注目される亜麻仁油

亜麻仁の種とオイル

亜麻仁油(あまにゆ)は亜麻と呼ばれる植物から圧搾、抽出して取れる油になります。美容、健康効果に高い期待があることから芸能人をはじめ海外セレブもこぞって愛用している油です。

亜麻仁油がここまで注目されるようになった理由は体内で生成することのできない不飽和脂肪酸である「オメガ3系」を大量に含んでいることからです。

2018年にはアメリカでトランス脂肪酸を含む製品が全廃になります。

これは悪い油によって体の健康被害を及ぼすことが確認できているから。そして日本でも食の欧米化に伴い、体に摂取できている油にも偏りが多い傾向があります。

油は毎日使う、口の中に入ってくるもの。
悪い油や偏りのある油は体に様々なトラブルを起こすと言われており、とくに不飽和脂肪酸を含む油は日本でもしっかりと摂れている人は少ないとされています。

そこで必須脂肪酸を手軽に摂ることができる亜麻仁油が注目。美容や健康面に対して大きな期待がもてる油とされています。

油の特性や分類

油って健康面に気をつける人なら多く摂ることを避ける傾向があります。ですが良い油と悪い油があり、良い油を摂ることは太りにくい体を作り病気や生活習慣病の予防にも繋がると言われています。

油には多くの種類があり分類は含まれる脂肪酸によって分けられるようになっています。

脂肪酸は常温で固体となる飽和脂肪酸、常温でも液体の不飽和脂肪酸と大きく分類されています。

不飽和脂肪酸はさらに分類がすすみ「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」と分けられます。この脂肪酸の種類によって健康効果への期待も違いがあります。

飽和脂肪酸とは

多くは動物性油脂に含まれており常温で固体になるので体内で蓄積されやすく体脂肪になりやすい油です。固体になるので血液の巡りを悪くして中性脂肪やコレステロールを増加させて血液をドロドロにするとされています。

簡単にいってしまえば「太りやすい油」と言えます。必要な脂肪酸でもありますが、現代ではこの飽和脂肪酸を含む油ばかりを摂取している傾向が強すぎると言われています。

ただし、動物性ではない植物性飽和脂肪酸は体内で蓄積されにくい特徴があり、ココナッツオイルなどは注目を浴びています。

不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸は植物、魚に多く含まれる油です。常温でも液体を維持するので体内に蓄積されにくい特徴を持っています。

不飽和脂肪酸は中性脂肪、悪玉コレステロールを減らす作用があると期待されています。

そして不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」と分けられ、特徴や摂取できる油にも大きな違いがあります。

一価不飽和脂肪酸はエネルギーを作るのに必要な油。酸化もされにくく料理にも使いやすいとされています。体内で合成される脂肪酸で通常に食事をしていれば特に気にする必要がない脂肪酸です。

多価不飽和脂肪酸は体で作ることができないので食事から摂る必要がある脂肪酸。多価不飽和脂肪酸をさらに分類するとオメガ6系、オメガ3系となります。

オメガ6系に関しては一般的な食事をしていればまず必要量に足りないことはないとされています。逆に摂り過ぎは体に悪影響を出すと言われているので摂り過ぎには注意が必要です。

そして亜麻仁油、魚などに多く含まれるのがオメガ3系。これは意識しないと不足しがちな脂肪酸であり現代人が積極的に摂るべき油とされています。オメガ3系の代表的な成分はEPA、DHA、α-リノレン酸です。

日常生活における脂肪酸のバランス

延々と油に関する話をしてきましたが、なにか一つに偏って脂肪酸を摂取するのも良くありません。

理想とされる脂肪酸の摂取割合は飽和脂肪酸が30%、一価不飽和脂肪酸が40%、多価脂肪酸が30%とされています。

飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸は意識せずとも生活の中で摂れているケースが多く、逆に過剰摂取ぎみになりやすい脂肪酸です。意識したいのは多価不飽和脂肪酸のオメガ3系。

これを毎日、簡単で手軽に摂取できるのが亜麻仁油となります。

ページの先頭へ