亜麻仁油に含まれるオメガ3とは

スプーンにのせた亜麻仁油

亜麻仁油が注目されているのは手軽、簡単に必須脂肪酸である「オメガ3系」を摂ることができる。というのが最大の特徴です。ただ、オメガ3と言われても何がなんだかわからないと思います。

私も最初はオメガ3ってなに?
といった感じでしたが勉強をすることによってその働きぶりに空いた口が塞がらなくなりました(笑)

まずオメガ3は体にとって必要な必須脂肪酸となります。そして体内で生成することができないため食べ物から摂取することしかできません。

オメガ3の働きは多岐に渡り体のほとんどの機能に関係をしています。そしてオメガ3を含む不飽和脂肪酸の摂取量が少ないために現代人は病気にかかりやすく様々な生活習慣病に悩まされるとも言われています。

オメガ3系の脂肪酸

オメガ3系の脂肪酸はα-リノレン酸が主とされており体内で代謝されることでDHA、EPAに変化をします。

体内に取り込んだオメガ3系の脂肪酸は血中に存在する中性脂肪を減らし、ガン予防や脳の活性化に働きかける健康効果がわかっています。

またオメガ3系の脂肪酸は美容や健康面だけでなく子供の発育、脳機能に大きな影響を与えると言われています。子供のうちに意識して摂取しておくと子供の脳の潜在能力が発揮されると言われています。

α-リノレン酸

α-リノレン酸は体内で作ることができない必須脂肪酸の一つ。食品からしか摂取ができません。体内ではEPA、DHAに変化されてガン細胞の抑制、悪玉コレステロール、中性脂肪の減少、肌トラブルの解消、アレルギー体質の改善など多くの働きに期待を持つことができます。

非常に酸化しやすい性質をもっているため、加熱して使うのではなく原油そのままで飲んだり、サラダにかけたり、サプリメントで摂取するなどが望ましい摂取方法となります。

EPA・DHA

魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸で一時期、子供の頭が良くなる!なんて宣伝で有名になりました。特にサバ、イワシといった青魚の脂肪に多く含まれています。

サプリメントや魚油から直接DHA、EPAを摂取することも可能。ただしα-リノレン酸から体内で変化させた方が効果が高いとも言われています。

DHAやEPAには血栓、中性脂肪、コレステロールを減らすといった期待がもたれています。またDHAは脳を活性化させて認知症予防、学習能力や記憶力の向上に期待がもてるとされています。

オメガ3系を多く含むオイル

  • 亜麻仁油
  • えごま油
  • インカインチオイル

よく亜麻仁油、えごま油の違いなど調べる人や聞かれることが多いですがどちらも同程度のα-リノレン酸を含み、働きも大差はありません。好みで選べば良いと思います。私は亜麻仁油の方が好みだったので亜麻仁油推しとなっています(笑)

ページの先頭へ